ニュース&レポート

REPORT SUPERT GT

Round6 SUZUKA GT 300km RACE予選レポート

2020年10月24日

10月24日予選

Q1ドライバー 松浦選手  ベスト1:57.615  順位:6位

Q2ドライバー 小林選手  ベスト1:56.340  順位:4位

秋も深まってきていたので、路面温度を心配していたが朝から晴れてくれ、気温も21度と好天に恵まれた。フリー走行は、9:20からスタート。途中、244号車のクラッシュにより赤旗中断が入ったが、10:45からGT300専有を経て10:55には終了。チームとしては4LAPに小林選手が記録した1,58,129がベストラップとなった。

そして向かえたQ1A組、ドライバーは松浦選手。244号車が出走できない為、15台でQ2進出枠の8台を争う事になり、我々は後ろの方でコースインし3LAPでアタックをかけ、1,57,615のタイムで6位でQ2進出決定。

続くQ2は小林選手がドライバー。Q1同様、出走を遅らせ真ん中付近でコースイン。前後ともに間隔があいている良いポジション。タイヤを温め、3LAPでアタックし1,56,340のタイムを出しこの時点では2位、残り時間も少ないのでピットイン。最終順位は4位にてQ2を終えることが出来た。

2020シリーズのスタートポジションとしては最高位となりました。

RELATIONS

個人サポーター加入はこちらから