ニュース&レポート

REPORT SUPERT GT

Round5 FUJI GT 300km RACE予選レポート

2020年10月3日

10月3日予選

Q1ドライバー 小林選手  ベスト1:37.486  順位:9位

今回のRd.5富士より、お客様をお迎えして開催する事となり、少しづつ本来のSUPER GTに戻りつつありますが、まだピットウォークなどのお客様と交流できるイベントは中止のままです。スタンドにお客様がいらっしゃるだけでいつもと違う熱気が感じられる。天気は曇り時々晴れで少し肌寒いなか、9時15分から始まった公式練習、小林選手が初めに乗り込みスタートするセットアップの確認を順調に消化し、松浦選手にドライバーチェンジ。松浦選手の感触も良く走行していたが残り35分頃、1コーナーで30号車がスピンして赤旗で全車ピットに戻る。コースオープンになるも残り時間が少なくタイヤ交換のピット練習とドライバー交代も含めた本番同様のピット練習を行う。公式練習のチームベストタイムは小林選手が10LAPに記録した1:37.890となりました。

室屋 義秀さんによるアクロバティック。レースとは違う迫力です。

そしてQ1、空模様は変わらず、気温は23℃、ドライバーは小林選手。タイヤを温めながら、向かえた4LAPと5LAPでアタックをかけ1:37.486のタイムを出し6位につけたところで、残り時間も少ないのでチェッカーを受けずピットイン。その後、4号車と25号車にタイムを抜かれ結果は9位となりQ2進出が適いませんでした。

RELATIONS

個人サポーター加入はこちらから